事業者ローン

事業者ローンは力強いパートナーになる

事業者ローンに助けられました。(男性/50代)

男性/50代

私は規模は小さいながらも事業を営んでいるのですが、
資金繰りについての悩みは他人に相談し難いものがあります。

 

そして、不況で運転資金が行き詰り、一人で頭を抱えていました。

 

金融機関に融資をお願いし、何とかピンチを乗り切ろうとしたものの全て断られてしまったからです。

 

運転資金は額が大きいので、肉親のみならず知人・友人から借りるのは難しいものがあります。

 

もう駄目かもしれない、半ば諦めかけていた時にテレビで流れていた事業者ローンのCMを目にし、
至急融資を申し込みました。

 

担当者の方が親切に対応して頂き、審査結果がどうなるかしばらく待っていたのです。

 

その結果、何とか融資をして頂けることが決まり、思わずガッツポーズをしてしまいました。

 

手続きが完了し、口座に現金が振り込まれていた時は本当に嬉しかったですね。

 

事業者ローンで借り入れたお金は仕入れ代金や経費の支払い等に充当し、何とかピンチを乗り越えることができました。

 

資金繰りに行き詰ってしまうがあるかもしれません。

 

そんな時こそ、事業者ローンは私達にとって力強い存在になるでしょうから、ぜひ借りることをお勧めします。

 

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

よくある質問

脱サラして開業資金を借りたいのですが、どのような事業者ローンを利用すればいいですか?
事業が初めての方が開業資金を得る場合、一般的な事業者ローンでは借り入れが難しかったり、

そもそも対象外となることが少なくありません。

 

というのは、何の実績もなく、事業者としての返済能力を判断しにくいためです。

 

そのため、開業資金を借りたいなら開業支援ローンやエンジェルローンなど、
新規事業者向けや起業家支援向けに特化されたローンを利用するのが賢明です。

 

自治体や公的機関、中小企業金融金庫や地域密着型の金融機関などで取り扱っています。

 

事業者ローンを貸してくれるところは、どんなところがありますか?
事業者ローンを貸してくれるところというと、一番先に銀行が思い浮かぶかもしれません。

 

もちろん、銀行には大手企業から中小企業向けまで様々な事業者ローンが用意されています。

 

ですが、スムーズな審査や手続きの簡便さを考えるなら、銀行以外の選択肢も知っておくといいでしょう。

 

たとえば、より中小企業や零細企業に優しいのが地域密着型の地方銀行や信用組合といった金融機関です。

 

また、中小零細企業向けの事業者ローンに特化した中小企業金融公庫や、創業者支援などもある自治体融資、
最短即日で借りられる消費者金融などの貸金業者でも事業者ローンの取り扱いがあります。

 

事業者ローンにはどのような種類がありますか?
事業者ローンには、資金目的別としては創業支援や開業資金ローン、日々の運転資金に充てる運転資金ローン、新規事業への投資にあてる新規事業ローン、工場設備の更新や最新設備への入れ替えのための設備投資ローンなどがあります。

 

審査方法や担保の有無でも分けられ、無担保ローンのほか、
不動産担保ローン、保証人や連帯保証人が必要なローンがあります。

 

近年では消費者金融や信用金庫を中心に、利用枠の範囲内で何度でも繰り返し借りられるビジネスカードローンもあります。

 

保証人や連帯保証人が必ず必要でしょうか?
事業者ローンといえば、保証人や連帯保証人が要求されるケースが少なくありません。

 

個人向けでは保証人不要としてメジャーなカードローンであっても、
ビジネス向けカードローンでは法人に限っては代表者の連帯保証が求められることがあります。

 

一方、個人事業主であれば一定額以下のビジネスカードローンでは保証人なしで
保証会社を利用することで借り入れ可能です。

 

また、不動産担保ローンの場合は不動産を担保に入れる代わりに、
原則として保証人や連帯保証人などの人的担保は要求されません。

 

赤字企業でも借りられる、事業者ローンはありますか?
赤字企業の場合、返済能力が低いとして事業者ローンの審査が通りにくいことは避けられません。

 

もっとも、赤字だから貸さないでは企業の復活チャレンジの芽を摘んでしまうことになります。

 

中小企業金融公庫や自治体融資の中には、赤字企業を支援するためのローンや、
経営再建ローンがあるので確認してみるといいでしょう。

 

また、不動産をお持ちなら不動産に抵当権を設定することで、赤字企業でも借りられる場合が少なくありません。

 

事業用でなく個人の不動産でも、事業者向け不動産担保ローンが利用できることがあります。

TOPへ