事業資金を借りやすい

事業資金を借りやすいカードローンとは

社員5人の小さな会社が3000万円を借りられたワケ(男性/40代)

男性/40代

脱サラして5年、現在私は社員5人の小さな会社を経営しています。

 

グローバル化の波にのり、海外ビジネスを始める計画を立てましたが、
事業資金として3,000万円が必要でした。

 

一応黒字の会社ですが、収益に比して3,000万円の借入れは金融機関では渋られました。

 

やっぱり無理かとあきらめかけていた時、事業資金を借りやすい不動産担保ローンと出会ったのです。

 

事業向けの不動産担保ローンなのですが、自宅など個人の不動産でもよく
1番抵当でなくてもいいというではありませんか。

 

会社の財産としては不動産はなかったのですが、個人的に都心に土地付一戸建てを持っていたので、
それで借りられるか打診してみたのです。

 

まだ住宅ローン支払い中で銀行の抵当権が設定されていましたが、
担保価値を5,000万円と踏んでくれ、3,000万円の融資を受けられることになったのです。

 

しかも、無担保の他のローンに比べても低金利であったため、無理のない返済もでき、
利息負担で経営が圧迫されないのも助かっています。

 

これで思い切って新事業へと乗り出せそうです。

 

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

よくある質問

銀行や公的機関でお金を借りようとすると、審査に数週間もかかることもあるのですが、
すぐに借りられる事業資金のローンはないでしょうか?

最短で即日借りられる、事業資金のためのローンがあります。

 

経済のグローバル化が進んだ時代、ビジネスチャンスはほんの一瞬のタイミングで逃すこともあります。

 

必要な資金がないばかりに事業に支障をきたしたり、大きなビジネスチャンスを逃さないよう、
時代の流れを受けて事業資金を借りやすい即日ローンも登場しているのです。

 

消費者金融や信販会社の他、信用金庫など地域密着型の金融機関で取り扱っていることもありますので確認してみましょう。

 

事業資金を借りようとすると提出書類も多く手間がかかります。簡単に借りられるところはありますか?

事業資金を借りたい場合、銀行や公的機関の融資では過去数年分の決算書類の他、経営計画書や事業計画書といった書類が求められたり、資金をどのような使途に利用するのか、採算は取れるのかなど細かく計画を立て証明することが求められます。

 

小さな企業にとってこうした書類の作成は負担であり、作成のために1ヵ月もの時間をかけるケースも少なくありません。

 

一方、ビジネスカードローンなど一部のローンでは、決算書類の提出のみで借りられるところもありますから、
提出書類が少なく事業資金を借りやすいところも存在するのです。

 

資金の必要が生じるたびに、経営計画書や事業計画書を作成して、その都度審査を受けるのが大変です。

 

いつでも必要な時に必要なだけ借りられる事業資金融資はないでしょうか?

その事業や資金の必要ごとに必要な資金のみの融資を受けるとなると、

予定通りに行かなかった時や計画が変更された時などに対処しにくいうえ、フレキシブルな事業運営ができません。

 

必要な時に必要なだけ借りられる事業資金を借りやすいローンとしては、ビジネスカードローンがオススメです。

 

最初に審査を受けて利用枠を設定してしまえば、その後は借りる都度、審査を受ける必要はありません。

 

必要な時に利用枠の範囲内で好きなだけ借りられます。

 

ビジネス向けのカードローンがあると聞きましたが、どのようなものでしょうか?
ビジネスカードローンは最初の申し込み時に希望の利用限度額を申し出て、

審査の結果得られた利用枠の範囲内で、好きな時に好きなだけ借り入れができるローンです。

 

審査を受けて利用枠を設定しても、実際に借りるまでは利息もかかりません。

 

利用枠の範囲であれば、まとまったお金を借りても構いませんし、小口で何度でも借りられしてもかまいません。

 

返済すれば、その分利用枠が復活するので、何度でも繰り返し使えて利便性が高く、
変動しやすい資金ニーズをキャッチアップして事業資金を借りやすいのです。

 

保証人を求められたりせず、簡単に借りられる事業資金のローンはありますか?
事業資金の融資といえば、保証人や連帯保証人の設定を求められたり、

会社の建物や商品などに抵当権を設定して担保に取られるというケースが少なくありません。

 

こうなると担保に提供できる用意がないと、借りることができないうえ、担保設定の手続きにも手間がかかります。

 

消費者金融や地域密着型の信用金庫の小口ローンや、ビジネスカードローンであれば、
個人事業主の場合には担保不要で事業資金を借りやすいタイプの商品が出ています。

TOPへ