事業資金 比較

事業資金は借りやすい所を比較して選ぶ

状況に応じて借入先を分けています。(女性/40代)

女性/40代

事業資金の借入先は、探してみると本当に様々です。

 

私は保育サービス事業を行っているのですが、
開業資金から運営資金に至るまで3つのところで借入を行っています。

 

なぜ3つも広がったかというとその時の状況に応じて、最も借入しやすいと思われるところが違ったからです。

 

開業時の借入には、当初国や公庫系の融資を利用しようと考えていました。

 

女性起業家支援の融資制度があり、それが低金利で自分に向いていると思ったためです。

 

そして、開業する地域の自治体融資を調べてみたら、少子化対策や子育て支援策強化のため、
保育サービス事業を行う場合に優遇金利が適用される制度があるのを見つけました。

 

比較の結果、事業の種類が限定された制度のほうが私の場合は
よりスムーズに借りられるのではと思い、申し込むことにしたのです。

 

結果として、有利な金利で借入でき、運転資金を借りるには地元の信金を利用しています。

 

名の知れた大手都市銀行と比較してみましたが、地域密着型で小規模経営者の
サポートに手厚い信金のほうがよりスムーズに借りられると思いました。

 

その後、緊急で1週間以内に50万円を用意する必要が生じた時は、事業者向けカードローンを選びました。

 

金利は信金より高かったのですが、審査が2週間ほどかかるところ、
カードローンは即日審査だったのでこちらが有利と判断したわけです。

 

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

事業資金の低金利・スピード徹底比較

事業資金の比較ポイントは低金利とスピード

事業資金を受ける時に大切な比較ポイントは低金利と融資スピードとなります。

 

一度決まった金利は、あとから引き下げられることは少ないのです。

 

完済まで金利は変わらないと認識して、契約の時点で少しでも低金利の業者を選ぶべきでしょう。

 

低金利で契約をして、あとから一方的に金利を引き上げられることはありませんので、低金利で契約したほうが絶対に得なのです。

 

融資スピードは即日が多くなっていますが、借入額、過去の実績なども影響しますので、
事前に金融機関に確認しておくといいでしょう。

 

メールのお問い合わせフォームから何日くらいで借りられるのか聞いてみましょう。

 

金利・融資スピードに関しては、あえてホームページに記載しない金融機関も多いです。

 

わかる部分はネット比較をして、わからない部分に関しては実際に問い合わせるのが一番です。

 

低金利のローンは融資まで遅い?

昔は低金利ローンほど、融資まで時間がかかると言われていました。

 

低金利で貸し出すことは、金融機関側にとってリスクが大きく、審査に慎重になるためです。

 

ただ、現在のローンに関しては、低金利・スピード融資が当たり前となりつつあります。

 

グレーゾーン金利も廃止になったので、無効な高金利での貸出はできなくなりました。

 

20.0%を超える金利が適用となることは絶対にありません。

 

事業資金ローンの金利は、5.0%〜18.0%程度の範囲になるのが普通です。

 

低金利で選ぶなら、15.0%以下で借りられる銀行ローンがおすすめです。

 

ノンバンク系と比べて、3%〜4%以上金利が低くなっています。

 

希望額を大きくしすぎなければ、銀行でも即日対応が可能となっています。

 

有担保ローンも検討してみる

事業資金ローンは無担保タイプが人気ですが、低金利で借りたいなら有担保ローンも検討してみましょう。

 

指定の担保を設定することで、無担保タイプよりも低金利で借りることができるのです。

 

担保を設定したら、担保を失ってしまうリスクがあるわけですが、きちんと返済していればその心配は皆無です。

 

しっかりと返済計画を立てて借りるならば、有担保ローンのほうがお得と言えるでしょう。

 

ただし、担保を設定するので審査にはやや時間がかかります。

 

担保の種類にもよりますが、融資まで1週間程度かかるローンもあります。

 

今すぐに現金を用意したい方は、審査の早い無担保タイプがおすすめです。

 

短期間で返済するならば、数%の金利の違いは大きな差とはなりません。

TOPへ