個人事業主 事業資金 借入

個人事業主が事業資金を借入する方法

レストランの開業資金で800万円借りました。(女性/50代)

女性/50代

私は主人と念願のレストランを開業するため、事業資金の借入を検討しました。

 

テナントを借りる費用はこれまで貯めたお金で大丈夫ですが、
その他に800万円ほど借りる必要があったのです。

 

それは宣伝広告費用や店内の内装費用、厨房の機材や備品、
高級な食器類やテーブル装備などの備品を整えたりするためです。

 

うちは夫婦二人だけのお店で、個人事業主です。どうやったら借りられるか、頭を悩ませました。

 

まず、最初に相談に行ったのは個人的に預金などをしている地元密着の金融機関です。
顔なじみの営業の方を通じて、申し込みをすることにしました。

 

事業計画書の提出が必要と言われたのですが、作成のサポートもして頂けました。

 

そして、まずは500万円の融資を受けることに成功したのですが、あと300万円が足りません。

 

どうしようか悩んだ末、事業者向けのカードローンに申し込むことにしました

 

小口融資が原則なので、上限額が300万円でしたから最高額が借りられるか不安がありました。

 

ただし、事業資金向けの場合は総量規制も適用されないとのことでしたし、
こちらでは事業計画書は求められず、事業内容確認書だけで済みました。

 

手続きは簡単で無事審査にも通り、なんと希望額の300万円の融資を受けることに成功しました。

 

地元の金融機関で融資が受けられたことが信用に繋がったのかなとも思います。

 

個人で事業を運営していくうえでは、特に信用を得るというのが大切なことだと実感しました。

 

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

個人事業主が事業資金を借入するための取引ノウハウを知る

決算内容や確定申告書の重要性

個人事業主は法人と異なり、事業主個人の能力や人脈、信頼関係のもとで事業が行われています。

 

法人の場合は財産の主体が別人格になり、一部の小規模企業を除けば、
仮に創業社長がいなくなったとしても、事業を継続し、借入金の返済を続ける基盤があります。

 

ですが、個人事業主の場合は、その人が亡くなると事業がそこでストップしてしまうのが一般的です。

 

そして、その人の能力や営業の仕方次第で、全く収入が入ってこなくなるケースもあります。

 

そのため、基本的に金融機関等が融資をするにあたっては、審査は慎重に行われます。

 

審査担当者が安心して貸せるための重要なファクターとなるのが、決算内容や売り上げ状況などのお金の動きです。

 

毎月コンスタントに売り上げが上がって収入が入り、必要経費がかかりすぎず、
安定的に利益が上がっているならば、貸しても返してもらうことができます。

 

これに対して、赤字続きでは借入は難しくなります。

 

ただし、自己資金が潤沢にある場合や、将来性や自分の能力について納得してもらえれば、
将来に期待して融資をしてもらえることもあるので、あきらめてはいけません。

 

融資制度の選び方

個人事業主向けの融資制度を利用したり、創業支援や再生支援など資金ニーズに合った融資制度を選ぶことも大切です。

 

自分に合った融資を見つけられるよう、インターネットを検索したり、
金融機関や行政機関の窓口に出向いて相談を行い、有利な情報の収集から始めましょう。

 

自分の能力をアピール

個人事業主の事業は、その事業主個人のスキルや能力に事業継続の可能性がかかっているため、
いかにご自身の力を審査担当者にアピールできるかは重要なポイントです。

 

もっとも、ただ資格や技術を持ってるというのではなく、それを使ってどんな仕ことができるのかや実際の実績、
他の事業者や企業との差別化できる魅力を具体的に説明しましょう。

 

事業の継続性や将来性をアピール

借入た後は利息を付して返済する必要があります。

 

その為、債権者から見ると、今だけ収益が上がっていればいいのではなく、
返済期間にわたって継続的に利益を上げ続ける体力があることが求められます。

 

そのため、今後の事業計画を具体的に示し、どれだけの利益をいかに上げていくのか、実現可能な目標値とともに示しましょう。

 

目標は小さすぎてもいけませんが、実現不能な内容では相手にしてもらえません。

 

マーケティングや市場調査、他社の動向リサーチなどをしっかり行って、その分析結果も示し、
だからこそ、私の事業はこれだけの実績が挙げられると根拠を示すことが大切です。

TOPへ